似てるような・・・

2015.05.17 Sunday 22:21
0
    あまりにTwitterが手軽にくだらないことを投稿できるのでこちらが放置状態でした。
    背景も暖かく(暑く)なってきたので雪景色から新緑に変更。

    ここのところ仕事が忙しく、休日は仕事以外で平日にできないことをまとめてやるので山ばかり行くこともできず。
    やれやれ状態でゴザイマス。

    でもって「似てるような・・・」ってのは最近のみならず以前から感じていたこと。
    木村さんと出会うきっかけとなったのがクロカン四駆。
    死語となってしまったかもしれないので正確に書くと、「クロスカントリー四輪駆動車」
    今ではSUVという単に車高が高いだけのカテゴリーに入れられているが、いわゆるジープのような車のこと。
    80年台半ばからやってきたクロカン四駆ブーム。
    パジェロなんて「四駆のカローラ」と言われたほど石を投げれば当たるくらい走ってたもの。

    それまでは一部のマニアがジープ、ランクル、ジムニーなどで山の中を走り回っていたくらいだったけど、いつの間にか四駆で街中を走るのが流行るようになってきた。
    そんな連中を「シティーオフローダー」と揶揄していたものだが、いつの間にか形勢は逆転。
    シティーオフローダーが席巻する四駆ブームがやってきた。
    (マニアの中には自分たちが乗り始めた時がブームの始まりと言ってる方もいるが)
    そしてメディアもここぞとばかり四駆専門誌が乱発。
    これに便乗してメーカーもより太いタイヤ、メッキのピカピカのガード、リフトアップならまだしも、高級車の内装から取り入れちゃったもんだから四駆に興味のないユーザーも飛びついてしまった。
    ブクブクと太っていく車体に伴ってエンジンも高出力、高排気量とこれまたブクブク太っていく。

    車だけならまだしも、アウトドアに目覚めた連中狙いにオートキャンプ場も乱立。
    星いくつなんてランク付けして、キャンプ場でカラオケのどんちゃん騒ぎもあったとか。

    しかし所詮ブーム。
    バブルもはじけ、ガソリンを食いまくるデカくて重い車は敬遠され、今はエコカー、ミニバン、軽自動車全盛時代。
    あんなにあった四駆専門ショップも今はどれだけ残っているだろうか。
    老舗の雑誌はいつの間にか電子媒体に移行。
    街中でクロカン四駆を見ることはほとんどなくなってしまった。

    まだまだ登山をはじめて13年しか経ってないが、明らかに今は始めた時と違うことを感じる。
    しかし登山に関してはクロカン四駆とは歴史も中身も違う。
    クロカン四駆が街から消えたように山から登山者が消えることはないだろう。

    でもなぜかどこか似てるような気がするのは思い過ごしか。
    マスコミの変な情報やビジネスチャンスとばかりに意味もわからず参入してくるのに踊らされたり振り回されたりしないようにしておきたい。

    何はともあれ、山にとってはベテランも初心者も男も女も若者も年寄りも関係なし。
    山に登るか登らないかは自分の判断だからね。

    木曽駒
    木村さんが撮ってくれた木曽駒ヶ岳唯一の一枚。
    ここは登りやすいけどやっぱどんな時でも注意して。

     
    category:- | by:cirruscomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM