久々に新しいことを始めるつもり

2017.01.22 Sunday 23:47
0

    既に年が明けて3週間経ってしまったわけだけど、改めて今年もよろしくお願いします。
    年末年始休暇は6日。
    うち年末2日、年始2日は山に行っていた。
    とはいっても近場の里山だけどね。

     

    で、山へはそれ以来行ってない。
    というのもアッちゃんから伊吹山のオファーがあったんだけど、今シーズン最大の寒波が来るとのことで今回は見送り。
    昨年はほとんど雪がなくて見送っただけに、何ともうまくいかない。
    まあ、2月上旬に再度アッちゃんとリベンジ。
    天気良くなればいいな。

     

    サイトやこのブログをご覧頂いている方やTwitterのフォロワーさんたちは殆どが山登り、もしくは山が好きな人が多いだろう。
    以前のブログで木村さんがバイクに夢中なことを書いたけど、夢中になるのはいいこと。
    登山、バイクなどなどこれまでいろんなものに夢中になったけど、山は今年で14年目。
    飽きっぽい自分にとっては何と長く続いているんだろうと思う。

     

    山は登るだけではなく、これまでに登った山を中心に多少なりとも情報発信(そんな大袈裟なものじゃないか)してるなか、サイト訪問者の需要の傾向がわかってきた。

     

    そんな中で昨年から少しずつ取り組んでいる「各務原アルプスガイド」。
    サンプルをTwitterにあげた途端、フォロワー数が増えた。
    やはり需要はここにあるようだ。
    テスト印刷してCATTLE CALLさんに持っていったら、「いいね!」のお言葉をもらえた。
    何とか今年は形にあるものにしたい。
    もちろん無料で誰でも使えるようにね。

    各務原アルプス

    ▲各務原・関南アルプス総図(作成中)

     

    そしてもう一つ。
    山とは関係がない・・・いや、ちょっとは関係があるかもしれないが、急に動き始めたことがある。
    山のレポの中でもたまに出てくる空のこと。
    例えば朝早く出発するため、暗いうちに登山口へ移動とか、ナイトハイクが行程に入るとか、暗い中を行動することが多い。

    そんな中で空を見上げると、満点の星空だったりする。
    多分、多くの人が天の川を見ると感激するだろう。

    月と金星

    ▲こちら月と金星。折立から太郎兵衛平へ向かう途中。

     

    天体は子供の頃から大好きで、特に好きなのが星雲や外宇宙の銀河の写真。
    昔は星図早見ソフトを購入したり、ハッブル宇宙望遠鏡の写真集を取り寄せたりしてたもの。

     

    そんな経緯もあってか、年明けにふと思いついたのが、天体観測してみたいということ。
    しかもそれを写真に残したい。
    しかし機材はとんでもなく高価。
    それ以前にどんな機材が必要で、どれくらいのものが適していて、どうすればいいのかすら全くわからない。

     

    そこで自分の作った「山ガールと呼ぶな」を思い出す。
    初心者はとにかく専門のお店に出向いて聞いてみること。
    専門店を調べてみると、ちょっと遠いが三重県津市にいいお店がある。
    前日に電話して電車を乗り継いでお店に行く。

    津新町

    お店は「アイベル(EYE★BELL)」という名前でメガネ屋さんの2階だ。
    中は所狭しと天体望遠鏡がズラリ。
    事前に多少は勉強はしていたものの、やはり現物見ると驚くことばかり。

     

    自分の疑問に思っていたことを含め、すごく親切にいろいろ教えていだたいた。
    自動導入っていまいちイメージが湧かないけど、実機でデモもやってもらう。
    撮影用に改造したデジカメも中古だけど安く手に入るとのこと。
    やはり機材は高価だけど、システムのユニットの一つを見ても、10年前なら到底手の出ない価格。
    それが機能もアップして十分手に届く価格で入手できることや、一生モノということを考えると納得だ。
    今日は遠くまで来た甲斐があった。

    SXD2

    ▲天体と山登り、全く関係ないこともないね。

     

    てなわけで、2017年は宇宙(そら)にもこだわってみようと思う。
    なんか新しいことを始めるには不安であったり楽しみでもあったり。

    ただひとつ言えることは、ゼロからとことん勉強すること。

    山だって何も知らないゼロから始めたもんね。

     

    でも、仕事もこれくらい精力的に力を入れられないもんかとつくづく思う・・・。

     

    もちろんこれまでどおり山もガンガン登るよ。

    category:- | by:cirruscomments(0) | - | -
    Comment